応募要項

WORKS

現在、2020年4月〜活動隊員 エントリー受付中!

丹波篠山市は、兵庫県の南東部に位置し、京阪神の大都市圏から電車や自動車で1時間ほどのところにありながら、今なお日本の原風景ともいえる田園風景が残るまちです。当市では、総務省の地域おこし協力隊制度を活用し、地域活動を支援しながら、地域資源を活用して市内で研究または起業し、その成果を地域に還元しようとする若者を「丹波篠山市地域おこし協力隊」として委嘱し、その活動を支援します。

1.隊員要件

(次の条件をすべて満たす者)
1. 心身が健康で、かつ地域活性化の活動に意欲と情熱を持っており、地域が抱える課題の解決に地域住民とともに積極的に取り組むことができる者
2. まちづくり協議会をはじめとする地域住民と親交を深め、受入れ地区内に居住して地域住民の活動を支援する意思のある者
3. 4月1日時点で、年齢が20歳以上50歳未満の者
4. 応募時点で、三大都市圏をはじめとする都市地域(過疎、山村、離島、半島などの条件不利地域を除く)に在住し、委嘱後に丹波篠山市に生活の本拠を移し、住民票を異動できる者
5. 委嘱期間を全うする意思のある者
6. 地方自治法第16条に規定する欠格条項に該当しない者

2.募集人数

4名程度(半学半域型・起業支援型あわせて)

3.活動エリア

受入れ地区を中心に丹波篠山市全域。2020年度は次の4地域で受け入れ希望があります。

4.身分等

「丹波篠山市地域おこし協力隊設置要綱」に基づき、市長が委嘱。 隊員は、市の委嘱を受け、役務の提供等に対する謝礼として報償費の支給を受ける。 隊員と丹波篠山市との雇用関係はない。

5.委嘱期間

委嘱の日から毎年3月31日まで 以降、活動状況、成果を勘案し、半学半域型は最大3年間、起業支援型は最大2年間まで延長することができる。

6.活動日数等

 活動日数 半学半域型:週3日勤務
起業支援型:週5日勤務
活動日のうち、1日~2日は、受入れ地区のまちづくり協議会等の活動を支援する
 活動時間 原則8時30分~17時15分(うち休憩1時間)
活動内容により、市と協議の上活動時間を便宜変更することは可能

7.報償費等

(1)報償費 日額8,000円
(2)活動助成金 住宅借上料、車両借上料等、その他活動の必要経費を対象に交付
(令和元年度の場合、上限140万円/年)
(3)住居は受入れ地区が準備した空き家等に居住(家賃は活動助成金の対象)

8.応募フロー

(審査員…市、神戸大学、商工会、金融機関、受け入れを希望するまちづくり協議会など)
エントリー受付 丹波篠山市地域おこし協力隊へ入隊希望の方は、下記リンクの「エントリーシート」の希望するタイプの書式に記入の上、メールまたは郵送にてご提出ください。
本年度の締め切りは、9月30日(消印有効)です。
【起業支援型】 【半学半域型】

提出・お問合せ先

神戸大学丹波篠山フィールドステーション
〒669-2324兵庫県丹波篠山市東新町4-5
TEL&FAX:079-506-2366(眞鍋、橋田、森田)
MAIL:chiikiokoshi@sasayamalab.jp